2017年11月23日

高野文子展 11月の最終週!

柿サイズ小.jpg


寒さも本番になってきた11月末、赤い贈り物を色々いただきました。
干し柿は、昨年も作って下さった裂き織り作家の渡部道子さんから。
トウガラシは、青森のKさんから。
あちらでも藁で編んだ昔ながらのトウガラシは珍しくなってしまったそうで、わざわざ朝市などで探して、毎年送って下さっています。
とうがらし小.jpg

赤いものがたくさんズラリとぶら下がっていると、寒い中元気をもらえますね。

さて、高野文子さんの「昭和のこども原画展」も、いよいよ11月の最終週となりました!
12月24日(日)までの開催とはいえ、開館日は金・土・日祝日のみなのと、12月の最終月に入ると非常に混み合うことが予想されます。
ゆっくりご覧になりたい方はぜひ11月中にどうぞ!
「もう一度見たくて」と二度来て下さる方もいらっしゃいます。

原画展の見どころは、もちろん原画そのものなのですが…。

高野展1.jpg

お裁縫上手な高野さんは、原画の額装も古いきれを使ってご自分でなさっています。

高野展4.jpg

企画展の「山口さんちの子ども部屋」では、カーテンや座布団も高野さんの手作り作品。
こんなところもあわせて楽しんでくださいね。(こ)

高野展2.jpg

高野展3.jpg




posted by showanokurashi-blog at 14:35| Comment(0) | 展覧会

2017年11月09日

11月・12月のご近所ギャラリー&イベント情報

11月・12月はどこもイベント盛りだくさんですが、博物館のご近所でも、楽しそうな、おいしそうな、可愛らしそうなイベントが今週末から色々とスタートします!
ローカルな多摩川線(最寄りは下丸子駅)、池上線(最寄りは久が原駅)に初めて乗る!という方も多いと思います。
せっかく来て下さるならば、ぜひ近くまで足を延ばして一緒に楽しんで下さいね。

◎池上線 千鳥町
 ・11/11(土)、12(日)「くさっぱらまつり」 くさっぱら公園
  東京にはなかなかない手づくりの野っぱらの公園で2日間、みんなの手づくり市があります。

 ・11/28(火)〜12/25(月)「ベリンダ・ダウンズ絵本原画展『サイレントナイト クリスマスソングブック』」
              ティール・グリーン インシードヴィレッジ
  http://teal-green.com/info/3034/             
  お茶ができる素敵な絵本屋さんで、原画展の他様々なワークショップもあります。

◎池上線 久が原
 ・開催中〜12/28(日) 「もりからのおくりもの展」 手仕事ショップ・フォレスト
  オリジナル切子グラスの蒲田切子の他、手拭いや漆器など日本の手仕事を紹介するギャラリーです。

 ・常設展 炭ギャラリー増田屋 
  炭屋さんが開いている炭の専門ギャラリー。先代が開発した炭グッズが色々あります。炭って奥が深い。

◎池上線 御嶽山
 ・11/18(土)〜26(日) 「小皿豆皿で楽しむ秋の食卓」
 ・12/2(土)〜10(日) 「木里のおくりもの展」 アトリエ木里
  こちらも住宅地の中にある隠れ家ギャラリーです。

◎多摩川線 鵜の木
 ・11/10(金)〜16(木) 「手紡ぎ・手織りのネパールカーペット」 アトリエひらり
  1階は町工場、2階は素敵なギャラリー&コンサートホールです。

 ・1111()18() le cocon pop-up store Tokyo 2017」 ギャラリー・ハスノハナ
  ものすごく素敵な沖縄の牛乳パックのバック展。古い店舗をリノベーションしたギャラリーも見どころです。

◎多摩川線 下丸子

  11/25(土) 「おおたオープンファクトリー」下丸子・武蔵新田エリア
  ・大田区と言えば町工場!様々な工場が町に開いて、たくさんのワークショップが開催されます。
posted by showanokurashi-blog at 16:22| Comment(0) | お知らせ

2017年11月05日

高野文子さんの“キモノ解きのつどい”やりました!

写真.JPG

10月29日(日)、特別展ワークショップ「高野さんと昭和の手仕事をしよう」を開催しました。
この日はまたもや台風直前の大雨予報。
にも関わらず、大勢の方が集まって下さいました。


きもの小.jpg

この大量の着物の中から一人一枚ずつ取って、それぞれでほどいていきます。

きもの7.jpg

高野さんはお母様が和裁士だったとのことで、いつも傍らで針と糸を使っている様子をご覧になっていたとのこと。
今回は、高野さんのそんなお話に館の着物ボランティアさんが豆知識を加えながら上手におしゃべりの牽引役となって下さり、皆さんでにぎりばさみ片手にせっせと手を動かしたのでした。

きもの4.jpg

おばあちゃまの着物を持って来られた方もいました。
和裁のできるボランティアさんも4名サポートに。


きもの8.jpg

皆さん想像以上の手早さで熱中されて、袖、襟、おくみと、どんどん着物がばらばらになり、布に戻っていきます!
今回はほどいた着物を縫い直すまではいかなかったのですが、それぞれに一部を持って帰っていただきました。
後はおうちでの活用を待つばかり。
きもの5.jpg

布の他には、なんと、こんな高野さん手作りのおみやげも!
館謹製のドクダミ茶を高野さんが吉野和紙とビニールの袋を作って詰めて、ミシン掛けをしてくださいました。
ふーちゃん印のドクダミ茶です。
可愛すぎて、開封できません(笑)。

ほどき2.jpg

こんなどしゃぶりの中でも大盛況でした。
外から見て「皆さんで手を動かしている光景がとても良いですね」と、言っていかれる方もいらっしゃいました。
忙しい現代ですが、無心に手を動かして何かを生み出すことに備える時間を持つ、ってとても良いなぁと思った豊かな時間でした。
高野さん、ありがとうございました!

きもの6.jpg

本日も手作りのズボンをお召しになっていた高野さん。
ご自分のウールの着物をほどいた生地で、長年ご愛用されているとのこと。
ボランティアさんも同じような可愛いウールの花柄のズボンで、まるでおそろいのような可愛らしさでした。
こんなのを見ると作りたくなりますよね〜。
次は縫い物講座!?

この連休は打って変わって気持ちの良い晴天続きで、展覧会にも大勢来て下さいました。
新作アイデアノートの“にっぽんのズボン”も展示していますので、また来週ぜひ見にいらっしゃって下さいね。
(こ)


posted by showanokurashi-blog at 19:59| Comment(0) | イベント報告

2017年11月03日

「この世界の片隅に」の片渕監督×浦谷監督補×小泉館長の鼎談が朝日新聞にて掲載されました。

鼎談2サイズ小.jpg

40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞他、数々の賞を受賞した映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督と、浦谷千恵監督補、そして館長の鼎談の様子が10/29(日)の朝日新聞の朝刊と朝日新聞デジタルにて掲載されました。

http://digital.asahi.com/articles/DA3S13203781.html

鼎談の場所は、もちろん昭和のくらし博物館。

綿密な情景描写で知られる片渕監督ですが、作品の時代を肌身で感じて自分のものとするために、奥様である浦谷監督補が館の講座「くらしの学校」に何度も通って、監督と共に洗い張りや畳上げ、障子張りなどを体験して下さっていたのでした。

今回の鼎談は、館長の著書『くらしの昭和史 昭和のくらし博物館から』(朝日選書)と「この世界の片隅に」のDVD(バンダイビジュアル)の発売を記念して開催。監督は、前作の頃から館のたたずまい、そして館長の考えに大変共感して下さっていたとのことで、3人のお話も時間を超えてとても盛り上がりました。


71Y8bbAgBZL._SL1000_.jpg

ウェブ記事の「アエラドット」でも紹介されています。
https://dot.asahi.com/dot/2017102600067.html?page=1


映画のファンの方は、ぜひ監督の世界観の裏側を感じにいらっしゃってください。
本と映画をまだご覧になっていない方、ぜひどうぞ!

(こ)


posted by showanokurashi-blog at 13:33| Comment(0) | お知らせ

2017年11月01日

11/1(水) NHKBSプレミアム「文豪ファミリア/山本周五郎」に(ひそかに)登場します

山本周五郎.JPG

本日、NHKBSプレミアムの番組「文豪ファミリア 家族は見た! 夫・山本周五郎〜へそ曲がり先生行状記〜」に、博物館が山本周五郎の家としてひそかに登場します。

小泉家の小さなおうちが文豪の家に大変身。
ほんの一部だけだと思いますが、細かい小道具まで丹念に設営し、夜までかかっての大撮影となりました。
主演の六角精児さんと岩崎ひろみさんもみえましたよ〜。
どこに登場するか、お楽しみに。

●11/1(水) NHKBSプレミアム 22:00〜23:00

posted by showanokurashi-blog at 11:04| Comment(0) | お知らせ