2019年12月18日

広島ミラクル

DSC_0900.JPG


映画「さらにいくつもの片隅に」はいよいよ今週20日公開。
そしてさらにその前に、今夜完全版の試写会がありますね。
なんと天皇陛下と愛子様も親子で鑑賞されるとのこと。

先日、中国新聞の制作本部長さんが、これまでの映画関連の取材記事を自らまとめてスクラップにして送って下さいました。
ぶ厚いファイル2冊分(これでも全部ではないそう)。
最初の監督の調査についての記事は2012年からでした。
それから7年。
今夜いよいよ完成披露で、皆さん感無量だと思います。

「多くの記者が、社員が、監督の誠実で決して手を抜かない仕事ぶりにうたれ、共感し、いつの間にか映画を応援する立場になっていったと思います。」
本部長さんが序文で書いておられるように、皆が一緒に作っている気持ちになった映画なのだと、私たちもファンの方々が愛おしくゆっくり展示を楽しんで下さる様子を見ながら感じています。

このスクラップが届いた時、たまたまそこにいた方にご紹介したら、広島からの方で、それを聞いて振り返ったご夫婦はかつて広島に住んでいた方で、またその盛り上がった会話を聞いて立ち止まった母娘さんは、お母さまが原爆投下直後に17歳で現地で被爆者の看護にあたった看護師さんで、監督に資料をご提供された方でした。
こんな小さな館内の玄関先でこんな広島ミラクルが起こるのも、この映画ならではなのかもしれません。

20日の劇場公開を待ちます!
鑑賞後、ぜひすずさんのおうちへどうぞ。
(こ)
posted by showanokurashi-blog at 19:41| Comment(0) | 日々のこと

2019年11月21日

一夜限りの庭の幻燈会

DSC_0539.JPG

博物館、そして友の会も20周年の今年、数年ぶりに友の会有志“シルエットクラブ”による野外幻燈会が上演されました。
演目は「コーネルの庭の青い鳥」。
木箱に収めたコラージュ作品や実験映画の先駆者として知られるジョセフ・コーネルと、メーテルリンクの童話「青い鳥」の話を基軸に、時空を飛び越え昭和の世界を往来する、オリジナル脚本のものがたり。


DSC_0524.JPG

満州からの引揚船の子どもたちや原爆の話の朗読から、漫画家の勝川克志さんの人形劇によるミゼットとモスラの話あり、元はとバスのガイドさんによる「夢の東京はとバスツアー」あり、雑誌『赤い鳥』『銀の鈴』で活躍して広島で没した童話画家・清水良雄の朗読あり。
そして最後は、小泉家の四姉妹が登場する音楽影絵と、ゲスト出演者でチルチルを演じた女優の岩間沙織さんの青い鳥の舞でしめくくり、これまで上演してきた演目を様々に織り交ぜた、一夜限りの夢の劇場となったのでした。

DSC_0542.JPG

DSC_0547.JPG

DSC_0552.JPG

DSC_0568.JPG

DSC_0579.JPG

DSC_0584.JPG


DSC_0617.JPG

脚本・演出、その他雑用モロモロを担っていたのはシルエットクラブ主催の小松敏さん。
この20年間、博物館の庭の空間を使って人の集う場を作り続け、その間山あり谷ありだった思いに、最後の挨拶では声が詰まる場面もありましたが、その甲斐あって、この日は演者・スタッフとなった友の会の方など、ひさびさに多くの方が集って下さいました。
差し入れとカンパも、近くの方も遠方で来られない方からも沢山頂戴し、寒い11月の庭ながら温かい会となりました。
本当にありがとうございました。


DSC_0626.JPG

二日後に小泉館長のお誕生日だったため、スタッフ手作りのケーキでのサプライズお祝いも!
館長は86歳になりました。
「若い方が集まって館を盛り上げて下さるのは、本当に嬉しいこと」と非常に喜んでくれました。

上演後は暖かいおでんの大鍋を囲んでおつかれさま会を。
キャストもスタッフも一緒の手づくりの夢の劇場は終演しましたが、またいつかこんな風にして集まれれば。
友の会・ボランティアの皆様、本当におつかれさまでした!
(こ)

DSC_0622.JPG
おれたちひさびさにとうじょうしたぜ!(かつ坊)
続きを読む
posted by showanokurashi-blog at 17:53| Comment(0) | イベント報告

2019年11月01日

「「この世界の片隅に」〜さらにいくつものすずさんのおうち」展はじまりました!!

すずさん展3.jpg

昭和のくらし博物館に“すずさんのおうち”が帰って参りました!
前回大好評だった特別展「映画「この世界の片隅に」〜さらにいくつものすずさんのおうち」展が本日スタート。
12月20日の新作「この世界のさらにいくつもの片隅に」の公開を待ちます。

すずさん展.jpg

すずさん展2.jpg

すずさん展5.jpg

すずさん展6.jpg

初日の今日はお天気にも恵まれ、うららかな日のもと懐かしい面々が戻ってきました。
関係者の方々も早速にご来館いただき、嬉しい限りです。

すずさん展7.jpg

すずさん展11.jpg

展示の見どころは…

・複製原画と製作の裏側(設定スケッチなど)
・1階の茶の間と台所、茶の間を中心に“すずさんのおうち”である北條家を再現
・俳優・栩野幸知さんの「すずさんのおうち模型」と、アニメに登場する小道具を実体化した「妄想模型」
・水汲み、背負いかご、風呂敷担ぎなど、庭の体験コーナー
・「#今日の水口さん」などファンアートの展示他、交流できる談話室コーナー

前回途中からのご紹介となった栩野さんの模型は、今回新作を追加して下さっています。
映画公開後の2020年1月頃に新作の複製原画を展示替えする予定です。
そして来年は、3月に片渕監督と小泉館長の対談も予定しています!

先日の東京国際映画祭のオープニングでレッドカーペットを歩かれていた監督と主演ののんさん、本当に素敵でした。
映画を見た方もまだ見ていない方も、ぜひ特別展を味わっていただきたいと思っています。

2019-11-01 さらセカ展 A4チラシ-01d (3).jpg
すずさん展9.jpg

すずさん展10.jpg

“すずさんのおうち”でお待ちしています!(こ)


posted by showanokurashi-blog at 18:03| Comment(0) | 展覧会

2019年10月31日

忙中嬉しいお客さま

jica3.jpeg

11月からの特別展に向けて準備にいそしんでいる中、外国から嬉しいお客様方がみえました。

JICA(国際協力機構)の研修として生活改善に携わる中南米の政府の役人の方々で、その数11ケ国!
一ヶ月近くに及ぶ研修の中で「昭和の丁寧なくらしと工夫」をテーマに、遠路筑波より訪ねて下さいました。
jica.jpeg

jica2.JPG

コスタリカ、ドミニカ共和国、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス…などなど。
どの国も、生活改善に取り組みながら、変えること残すものとに悩まれているのは日本と同じ。
熱心に質問が飛び交い、私たちもやりがいのある一日となりました。

そして、後ろにチラチラと映っておりますが…。
なんと明日から特別展で“すずさんのおうち展”が帰ってきます!(こ)

posted by showanokurashi-blog at 13:23| Comment(0) | 日々のこと

2019年10月13日

台風一過

台風一過.jpg

昨日、台風により臨時休館させていただいた博物館ですが、本日13(日)、無事開館いたしました。
ただまだ電車各線まだダイヤが乱れているとのことで、お出掛けの際はどうぞお確かめの上、
ご来館下さいませ。

厳重対策したつもりでもあちこち台風の余波が。
台風準備、片づけなど、こんな非常時にご近所の皆さまが手伝って下さいました。
本当にありがたいことです。
折れた庭木の手入れも朝イチでこの通り。

台風.jpg


わが社はこれぐらいでなんとか済みましたが、被害が大きかった皆様、本当に大変だと思います。
心からお見舞い申し上げます。(こ)
posted by showanokurashi-blog at 11:50| Comment(0) | お知らせ