2016年06月29日

記録映画「昭和の家事」が、”日本の労働映画百選”に選ばれました!


このたび、記録映画「昭和の家事」が、日本の労働映画百選に選ばれました。

日本の労働映画百選は、映画は、日本人の仕事と暮らし、働く人たちの悩みと希望、働くことの意義と喜びをどのように描いてきたのか。
働くことの今とこれからを考えるために、一世紀近くの映画史の中から百本を選ぶという、NPO法人働く文化ネットの事業です。

1887年の「明治の日本」から、2015年の「下町ロケット」まで選ばれた映画には、
「生まれてはみたけれど」、「にあんちゃん」、「男はつらいよ」、「鉄道員ぽっぽや」、「フラガール」、「魔女の他急便など、だれもが知っている映画のタイトルがズラリ。

その90番目に、昭和のくらし博物館が自主制作した記録映画「昭和の家事」が選ばれました!
一同、感謝、感激しております。

「日本の労働映画百選」全タイトルはコチラ⇒ http://hatarakubunka-net.hateblo.jp/entry/20160613/1465799898
※記録映画「昭和の家事」は、No.90です。

家事を記録させてくださった、小泉スズさん(小泉館長のお母さん)にも仏前に報告しなくては!
スズさんの自然体で家事をこなす姿が、どんな大作よりもリアリティがあって、伝わるものがあるんですね。

okowa.jpg

まだご覧になっていない方は、DVDや書籍もございますので、ぜひ、一度ご覧ください。

記録映画「昭和の家事」について、詳しくはコチラ⇒ http://www.showanokurashi.com/012.htm

 012-005.jpg
posted by showanokurashi-blog at 10:41| お知らせ

2016年06月19日

来て見て作って食べてみよう!

おはぎ。
和菓子屋さんや、デパ地下などで売られているのはよく見かけますね。
でも実際に作ったことのある方、意外と少ないのでは?

この博物館の前身である小泉家のお母さん、スズさんはいつもお彼岸やお盆にはおはぎを作っていました。

こんなふうに餡を練り(お砂糖たっぷり。黒光りする餡!)
おはぎ1.jpg

















いくつもいくつも並べて
おはぎ2.jpg
















お重に詰めて皆さんに振る舞っていたものです。
おはぎ3.jpg

















そんなスズさんのおはぎ作りの模様を映画で見て、その後実際に作ってみませんか。
もちろん作った後にはおいしく味わうお楽しみも。

6月25日(土)、昭和くらしの学校「昔ながらのおはぎ」講座にてお待ち申し上げております。
まだお席ございます。
今からのご予約ですと当日お支払いということで受付いたします。
お申込み・お問い合わせは下記まで↓
mail☆showanokurashi.com(←☆を@に変えてくださいね)

時間は10:30〜12:30。
講師はスズさんの娘である小倉紀子さんです。
小泉家直伝の甘さとおいしさをぜひご堪能ください!
前回の「かんたん野草茶」講座で皆さんが仕込んでくださった5種類のお茶もありますよ。

こちらが紀子さんによる試作品。
胡麻おはぎの中にも餡が入って、舌もお腹も大満足。
おはぎ4.JPG

posted by showanokurashi-blog at 11:38| Comment(0) | 昭和くらしの学校

2016年06月17日

ステキな着物のお客様

着物来館者(顔出し了承済み) .jpg

梅雨の晴れ間の真夏日となった本日。
ステキな着物のお客様が訪ねてくださいました。
あまりにお茶の間とピッタリだったのでパチリ。
暑い日だったのですが、おしゃれな初夏の着こなしに、涼やかに感じられたお茶の間となりました。

館の着物展示の「初夏のきもの」は、今週末6/19(日)までの展示となりますので、
まだご覧になっていない方はぜひお越しくださいませ。
こちらも涼やかな単衣の昭和のきものをご紹介しています。
男性のおしゃれな麻のきものもあります。

6/25(土)から7/29(金)までは「盛夏のきもの」となります。



posted by showanokurashi-blog at 14:27| Comment(0) | 日々のこと