2016年08月06日

今日は「no more」の日

71年前の今日、8月6日午前8時15分、広島で何が起こったかご存じでしょうか?
人類史上初の大惨事でした。
それは自然災害のようにどうしようもないことではなく、人間が意図的に起こしたこと、
そして人間が意識的に防げたはずのことだったのです。

画家 利根山光人さんも、あの原子爆弾とその後の核兵器への怒りを絵にしています。
その絵が今、昭和のくらし博物館に展示されています。
hiroshima.jpg














ヒロシマシリーズ「A.M.8.15」



いつものほのぼのとした博物館とは違った雰囲気ですが、これは利根山さんからの、
そして私たちからの大切なメッセージです。
どうかご覧になってください。

広島・長崎の被爆者は年々少なくなっています。
遠からずひとりもいなくなるのでしょう。
語り継ぐ人がいなくなるのは危ういことでもありますが、一方で良いことでもありますよね。
今後、二度と核兵器が使われければ、被爆者はいなくなるのですから。
いつか、核兵器なんて誰も知らない世界が来ることを祈りつつこのブログを投稿します。

今日は改めて核と戦争を考え直す「no more」の日です。
そして明日も明後日も、これからも永久に。
posted by showanokurashi-blog at 12:06| Comment(0) | 日々のこと