2016年11月24日

特別展はあと4日間!〜東京新聞で紹介されました

カレンダー (480x640).jpg

勤労感謝の日の23日、東京新聞にて特別展を紹介いただきました。
会期は今週末27日(日)までの残りあと4日間。
どうぞお見逃しないようにお越しをお待ちしています!

カバン.jpg

渡部道子さんの作品で、礼服を再生させた黒モノと並んでぜひ見ていただきたいのが、この赤いシリーズ。
その中に“紅絹(もみ)”と呼ばれる、女性の着物の裏地などによく使われた生地を使ったものがあります。
紅絹は薄くて軽くて暖かでとても良い生地なのですが、柔らかくて裂けやすいために縫い物に使うには扱いづらい。
それを織ってカバンに甦らせたものです。

紅絹.jpg

黒も赤も。
日本人の生活に根差していた着物地をじっくり味わえる作品です。


そして先週末の19日(土)に第2回を開催した高野文子さんのワークショップは、今回も大盛況でした。

前回より人数も多く部屋もギューギューだったにも関わらず、前回同様に丁寧に教えて下さり、また参加者の方々もお互いに教え合いながら和気あいあいと取組んで下さいました。
前回は名古屋と大阪からご参加下さった方がいて驚いたのですが、今回はなんと「アメリカにいる時に知って、即申し込みました!」という方もいてさらにビックリ。
「親子二代で高野さんのファンです」という方々や、感激して涙ながらに完成させていって下さった方、また男性やお子さんもご一緒に奮闘して下さったりと、とにかくなごやかでとても良い会になりました。

会期中のワークショップはこれで全て終了ですが、着物をよみがえらせる醍醐味を味わい、高野さん、渡部さんとの再生旅は会期終了後も続きそうです。
関心のある方はご案内しますので、ぜひご一報くださいませ!
(こ)
●「古布からうまれる素敵なファッション」展 〜11月27日(日)

DSC_0638 (640x428).jpg
展示作品の元になった昭和30年代のスタイルブックを見ながら参加者と。

DSC_0649 (640x428).jpg
親子でご参加の方も。

DSC_0676 (640x428).jpg
皆さまおつかれさまでした!
posted by showanokurashi-blog at 02:01| Comment(0) | イベント報告