2017年12月31日

今年もお世話になりました。

DSC_0190門松小.jpg

年の瀬の博物館です。
特別展を無事終え、大掃除とお正月の準備も終わりました。

DSC_0132 小.jpg

DSC_0149 ケーキ小.jpg

特別展の最終日はクリスマスイブ!
ささやかながらケーキとワインでおつかれさまをさせていただきました。
高野さん、温かく心のこもった展覧会を本当にありがとうございました。

DSC_0169 ほうき小.jpg

さて、休館に入ってからは大掃除や道具の修理です。
慌ただしすぎて今年は出来ないかと思いましたが、なんとかスタッフ、ボランティアさんで集まって、すす払い、上敷き上げ、畳拭き、床磨き、窓拭きなどなど、館内きれいに拭き清めることができました。

DSC_0159 竹馬小.jpg

DSC_0171 お屠蘇小.jpg

DSC_0168 猫小.jpg

DSC_0193藁灰小.jpg

昨年の神棚のしめ縄を燃やして、藁灰を作りました。
これも恒例行事です。
藁を燃す煙に燻されてすっかり全身いぶりがっこのようになってしまいましたが、これも年末の匂いだなぁと思いました。

最後はご飯を炊いて、豚汁と佃煮(それとのり巻き、漬物、銀杏、芋茎の煮物に、パンというおいしい差し入れと!)で、皆でおつかれさま会をしました。
終わってそのまま行李トランク一つ下げて郷里に帰省するスタッフもいたりして。
まるで小泉家のスズお母さんが下宿人さんのお世話をしていた時代に戻ったかのようでした。

今年もいろいろな方にお世話になりました。
ローカル線に乗って博物館まで足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。
新年は1月5日(金)からの開館です。
6日(土)には早速、「昔の歌にチャレンジ教室!」というとっても楽しいイベントもあります。

来年も人のつながりが生まれる博物館にしたいと思っています。
2018年も、またどうぞご来館を心からお待ちしております。
(こ)

DSC_0185熊手小.jpg
posted by showanokurashi-blog at 00:41| Comment(0) | イベント報告

2017年12月23日

高野文子さん展、あと2日!

看板.jpg

3か月にわたり開催してきた特別展「高野文子の描く 昭和のこども原画展」も、残すところいよいよあと2日となりました。

作品.jpg

泣いても笑っても、高野作品に会えるのは、明日24日(日)まで。
皆さまぜひお越し下さい。

手ぬぐい.jpg

ふーちゃんに会えるのもこれが最後!?
posted by showanokurashi-blog at 11:36| Comment(0) | 日々のこと

2017年12月16日

高野文子さんの展示が「新潟日報」他で紹介されました/会期は残り4日!

新潟日報記事 1小.jpg
新潟日報記事 2小.jpg

高野文子さんの「昭和のこども原画展」も会期、残りいよいよあと4日となってしまいました。

12月12日に「新潟日報」にて紹介されたのですが、共同通信社の配信にて徳島や信濃毎日、神戸、北海道新聞などにも掲載されています。
そのおかげか、本当にお遠くからの方がこの久が原まで訪ねて来て下さっています。
決して便利な場所でないのですが、皆さん原画を見て「やっぱり来てよかったですー」と、ニコニコ帰って下さるのがありがたい。

先日は、なんと韓国から高野さんファンという漫画家志望の若い男性方が来て下さいました。

韓国からの来館者 小.jpg

韓国漫画 小.jpg

WEBで連載しているという作品を拝見すると、高野さんの作品の雰囲気がそこかしこに。
遠く海を渡って広がる高野さんワールドは本当にすごいですね。

会期はあと17(日)、22(金)、23(土)、24(日)の5:00までとなります!
どうぞお見逃しなく。
(こ)
posted by showanokurashi-blog at 11:49| Comment(0) | お知らせ