2018年03月30日

博物館に春がきた!3/30(金)、31(土)、4/1(日)「中川英臣 初個展 さくらそう」

DSC_0014.JPG

あら、ドラマの撮影中かしら…?
いえ、ただ今“さくらそう”の展示中です。
園芸家の中川英臣さんの個展が本日30日より始まります。
博物館初、生きている“さくらそう”の展示です。

DSC_0033.JPG

桜草は古くから江戸園芸として庶民に親しまれてきたのですが、今は知る人が少なくなってしまいました。
その桜草を再び広めようと活動を始められたのが、若手園芸家の中川さんです。

DSC_0028.JPG

庭の道具は館からの貸し出しではなく、なんと全て中川さんの自前。
古民具ファンの方も楽しめる展示です。
懐かしいけど、新しい!
そんな“さくらそう展”になりそうです。
DSC_0035.JPG
庭に登場した冷蔵庫の中にはお楽しみも…。

会期は、3/30(金)、31(土)、4/1(日)の3日のみですので、どうぞどうぞお見逃しなく。
会期中の4/1(日)には、14:00から戦時中に貴重な桜草の苗を戦火から守ったという北村滋子さんのトークもあります。

4/1(日)には、博物館の企画で「火鉢の日」も同時開催します。
お茶の間の火鉢に実際に火を入れてパンやお餅を炙って味わっていただくほか、今年はスペシャルゲストとして、
“火鉢クラブ”さんをお招きします!
火鉢の良さを伝えるべく、各地に赴いては“味わう”イベントをされている火鉢クラブさん。
こちらも楽しみです。

可憐な桜草たちに囲まれると、ふわーっと肩の力が抜けるようです。
だからこそ江戸の人たちにも愛されたのでしょう。
多摩川、池上本門寺、洗足池のソメイヨシノとあわせて、花巡りにどうぞ。
(こ)

posted by showanokurashi-blog at 01:17| Comment(0) | お知らせ