2019年05月05日

子どもの日に子ども展。企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」

階段.jpg

玄関入って急な階段を登ると、企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」展を同時開催しています。
昭和に花開いた娯楽やおもちゃなどの子ども文化文化を取り上げる一方で、戦争や貧困で実は大勢の子どもが亡くなっていた事実など、昭和の子どもの明暗二面を取り上げるこの企画展。
子どもの日にぜひご覧いただきたい展示です。

子ども展.JPG

子ども部屋.JPG

文化人形.JPG

ランチ.JPG

企画展示の第二室は“山口さんちの子ども部屋”。
豊島区の一軒のおうちからいただいた母子二代にわたるおもちゃを中心に、家庭の中での子どもの楽しみを紹介しています。
こちらは、「この世界の片隅に」の原作者、こうの史代さんも大尊敬されているという漫画家の高野文子さんの監修&製作展示なのです。(お茶の間の楠公飯も製作!)

harumi.jpg

こちらも見どころたっぷりですので、特別展にどっぷり浸かると、企画展を見る時間が無くなること必須。
どうぞゆっくりお時間取っていらっしゃって下さい。
(こ)
おもちゃ.JPG

談話室には遊べるおもちゃも。
posted by showanokurashi-blog at 11:49| Comment(0) | イベント報告