2015年11月10日

くらしの学校 後期講座の受講者募集!

後期講座は12月より全3回開講します。 

昭和くらしの学校は、 昭和のくらし博物館で、衣食住の知恵と技を学ぶ講座です。
くらしの手仕事をとりもどし、かつてのくらしを伝える活動に参加しませんか?

@「障子張り」
12月5日(土)10:30〜14:30
増田勝彦先生(和紙文化研究会副会長)

  世界的な紙の専門家に障子張りを学びます。
 障子紙を剥がし、剥がした紙を燃して鉄釜でご飯を炊く、昔ながらの障子張り。
 世界文化遺産に登録された手すき和紙のお話もお聞きします。
DSC_0002.JPG

A「繕い物」
2月14日(日)10:30〜12:30
永野澄江先生(和裁師)

 穴が開いたり、裂けたり破れたりした服や着物、靴下なども、かつては何度も繕って大切に着ていました。
 布の当て方や縫い方も工夫されていました。
 今では忘れられつつある、美しくて丈夫な繕い方を学びます。
DSC_0007.JPG

B「お豆腐づくり」
3月12日(土)10:30〜13:30
宇谷京子先生(石見銀山・熊谷家住宅 家の女たち)

 日々の食卓に欠かせない「お豆腐」。自分で作ってみたいと思いませんか?
 大豆をつぶし、にがりを加えて作ります。 
 副産物であるおからや豆乳・ゆばも味わいましょう。
 豆腐作りを通して、手作りは難しくない!美味しい!楽しい!を学びます。
DSC_9165.JPG

 
 会 場:昭和のくらし博物館

 受講料:1講座 2,000円(資料代、材料費込み)

 定 員:10名 要予約(定員に達し次第締め切り)

 申 込:下記を明記の上、昭和のくらし博物館までメール・電話・FAXでお申込み下さい。
      
 氏名/住所/電話番号(当日連絡のつく番号)/年齢

 講座開始の3日前までに受講料を下記郵便振替口座にお支払い下さい。
 ご入金後の返金はできかねますのでご了承ください。
 <郵便振替口座>
 口座名:昭和のくらし博物館/番号:00110−9−138174/通信欄:昭和くらしの学校受講料・受講日


・12講座を受講した方は、昭和のくらし博物館認定「昭和くらしの伝承士」の資格が取得できます。
・重要文化財熊谷家住宅(島根県大田市)で開催中の「むかしの家事教室」の講座受講も認定されます。
 くらしを伝える活動にもぜひご参加下さい。  
 重要文化財熊谷家住宅URL http://kumagai.city.ohda.lg.jp/

・キャンセルの場合は、必ずご連絡をお願いします。

・講座内容は変更になる場合がございます。最新情報はHPをご覧ください。 

 お申込み・お問合せ
 昭和のくらし博物館
 Tel  ・Fax/03-3750-1808   (金・土・日・祝日10:00〜17:00)
 Email/ mail@showanokurashi.com
posted by showanokurashi-blog at 10:26| 昭和くらしの学校