2015年12月04日

明日5日(土)は、障子張り講座。

障子貼り.jpg


先週末で特別展が終了し、また元のちょっとのどかな博物館に戻りました。

しかし、明日はまた早速イベントが!
昭和の衣食住の様々な家事を体験する講座、「昭和くらしの学校」後期の第1回、障子貼り講座を行います。(10:30〜14:30)
紙、のり、刷毛などを使う機会はとても少なくなってしまいましたが、これらの道具の扱いを一度覚えておくと、障子だけでなく色々なものに応用できてとても便利。この表具の技術を、障子貼りを通して学びます。
今日は講座のために、夕方から少しだけ障子をはがしておきました。
(このはがすのにも技術がいるのですよ〜)

先生は、元昭和女子大学教授の増田勝彦先生。
障子張りの指導だけではなく、支援しておられる紙漉き職人さんのお話も伺います。
障子を無事張り終えたあかつきには、はがした紙をカマドで燃やしてご飯を炊いて皆で食べるというお楽しみつき!
ご来館の際には、ぜひ講座の様子も覗いてみてください。

*庭と談話室を使って講座を行いますので、館内をゆっくりご覧になりたい方は14:30以降をおススメします。

posted by showanokurashi-blog at 00:00| Comment(0) | 昭和くらしの学校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: