2016年07月24日

利根山さんと小泉さんは戦争に反対します!

先日の参院選、まさかの結果になりましたね。
日本は、そして世界はこれからどうなってしまうのでしょうか?
不安が恐怖になって絶望へと変わってしまう前に、私たちにできることをやらなければ!

昭和のくらし博物館で毎年8月におこなってきた『小泉家に残る戦争展』ですが、今年は開催が早まっております。
7月29日(金)から8月28日(日)まで、館内全体で戦時中のくらしを体感していただけます。
いつもののどかでなごやかな展示はしばらくお休み。
暗く重い雰囲気になりますが、現実はもっとずっと悲惨だったのです。

詳しくは下記リンクをご参照ください↓


今年は関連の特別展示として、画家 利根山光人さんの「ヒロシマ・ナガサキ・南京」展も開催することになりました。
戦争経験者がどんどん少なくなっていく中で、「自分が生きているうちに何としても残さねば」と描き続けた利根山さんの作品をぜひ見ていただきたいのです。

なお、利根山展は9月25日(日)までやっております。


そんなわけで、通常の展示はひとまず今日まで。
ラムネも入荷しましたよ。
のんびりしたい方はお急ぎください!(←なんとも矛盾をはらんだ発言ですが…)
posted by showanokurashi-blog at 13:34| Comment(2) | お知らせ
この記事へのコメント
私も学芸員のころ、夏に戦時中に関する展示を行いました。
戦時中の社会風俗や、一般生活、出兵先からの手紙など扱いました。
厳しい現実の中で、いかに暮らして生きていたかをなるべく淡々とキャプションに記していました。

博物館として、現代の政治に関わるブログの記載はいかがなものかと思います。
日本は北方四島はロシアに占領されています。
竹島は韓国に支配されています。尖閣諸島には公然と毎日 海から空から中国軍が窺っています。
少なくとも現実的には、日本は攻められています。
安易な戦争反対発言はいかがなものかと思います。
Posted by 竹之内 at 2016年08月02日 17:29
竹之内様

コメントありがとうございます。
この博物館のスタンスとして、戦争には反対しております。
竹之内様とは意見を異にするようですが、いろいろな考え方があってよいかと思います。
安易に発言したつもりはありません。
お気を悪くさせてしまったなら、そのことについては申し訳ないですが、この館はあくまでも
反戦を唱えていく方針です。
どうかご了承くださいませ。
Posted by 昭和のくらし博物館 at 2016年08月02日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: