2017年02月15日

“高低差”“ガケ”を知りたいならこれ! 2/18(土) 建築講座「空間の崖、時間の崖」 芳賀ひらく先生

芳賀先生2小.jpg

今週土曜日18日に、建築講座の第二弾「空間の崖、時間の崖」を行います。

お話しいただくのは、地形の研究者でもあり編集者でもある、東京経済大学客員教授の芳賀啓先生です。
芳賀先生は昨年に引き続きご登壇いただくのは2回目なのですが、地形、とりわけ土地の高低差の成り立ちや、それが人々のくらしに及ぼす影響、また防災も含めた今後のくらしについてのお話が非常に面白く、また今年もお願いすることとなりました。

芳賀先生小.jpg

地形を科学の目のみならず、文学などからも読み解く視点がとてもユニーク。
そしてお話がとても面白いのです。
それもそのはず!?これまで、かの“高低差”マニアで知られるタモリさんとも意気投合して「タモリ倶楽部」などでお話しされるほどのユニークぶり。
「建築は興味あるけど、その下の土地は別に…」
という方も、一度お話を聞けば自分たちの足元を見る目が変わることは間違いありません。

芳賀先生写真1 サイズ小.jpg

今回は前回に続き、国分寺崖線から続く、地形の起伏豊かな大田区、多摩川周辺の土地の高低差を中心にお話下さる予定です。
また地図を用いて実際に手作業するなど、更に面白い仕掛けも考えて下さっているとのことで、非常に楽しみな講座です。
博物館周辺が「ブラタモリ」に登場する日も近い!?

あまなさん講座写真.jpg

先週の平賀あまな先生の「赤坂離宮の装飾の不思議」も大盛況で、懇親会は会場からあふれんばかりの参加者で盛り上がりました。
講座開始の3:00前までは博物館もご見学いただけますので、初めての方はこちらもあわせてぜひどうぞ!


posted by showanokurashi-blog at 17:39| Comment(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: