2017年08月05日

夏の特別展始まりました&「週刊新潮」掲載です

戦争展看板.jpg

8月に入り、今週から夏の特別展「小泉家に残る戦争」展が始まりました。
普段は戦後のくらしの様子を紹介しているのですが、8月の一か月間は、お茶の間、座敷、談話室など、
館内全てを使って“戦争中のくらし”を再現しています。

戦争展 着物コーナー.jpg

戦争展 談話室.jpg

戦争展 子供部屋.jpg

爆風で割れて飛び散らないように窓ガラスに紙テープを貼りめぐらせたり、
爆撃に狙われないように灯りに黒い布を被せたり。
展示の準備をしているだけのはずなのに、まるで戦時中を追体験している気持ちになりました。
今年は戦後72年。
あの暗い時代に戻らないために、新たな“戦前”の時代に逆戻りしないために、
じっくり見ていただきたい夏のお茶の間です。

週刊新潮.jpg


ちょうど特別展開催と同時に雑誌「週刊新潮」8月10日号にて、館長の取材記事が載りました。
76ページの「掲示版」というコーナーで、「戦時中の代用品について調べているので、その情報をぜひ!」
というコメントが。
書店で見かけられたらぜひお手に取ってみて下さい。(こ)

戦争展 子供着物.jpg
子供のこんな可愛らしい着物にも戦争の影が。
posted by showanokurashi-blog at 13:07| Comment(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: