2017年09月18日

企画展「楽しき 哀しき 昭和の子ども」展、始まりました!

DSC_2102.JPG

9月より、2017年度の企画展「楽しき 哀しき 昭和の子ども」展が始まりました。
昭和という時代は、それまでになかった新しい子ども文化が沢山生まれた時代ですが、一方で戦争や病、貧困などにより、沢山の子どもが死んだ時代でもありました。その“明”と“暗”二つの側面にスポットを当てた企画展です。

メリーちゃん、マリーちゃん サイズ小.jpg


おままごと サイズ小.jpg

今回はいつもの企画展示室を飛び出してお隣を企画展第2室とし、“山口さんちの子ども部屋”としてご紹介しています。
歴史研究者の故・山口啓二さん、村田静子さんご夫妻と、その娘さんであるいずみさんとわかばさんが遊んだ戦前期と昭和30年代の二世代のおもちゃを、山口家の子供部屋に見立てて表現しています。
こんなものまで残っていたの!という可愛らしいものも沢山ありますので、ぜひ見にいらっしゃってくださいね。

ピアノ連弾.jpg

先日、この企画展示室から、ポロロン、ポロロン、と、楽しそうなピアノの音が。
思わず2階へ上っていくと、素敵なカップルさんが連弾のようにして弾いておられました。
「お上手ですね」と声を掛けると、「保育士なので…」とのこと。
いつも保育園でお帰りの時に弾いている曲なのだそうです。
2階からピアノの音が聞こえてくるのって、良いものですね。
その後も楽しそうに、1階の談話室で手に取ってもらえるおもちゃで遊んで行って下さいました。

会期は、再来年2019年の3月末まで。
展示は随時アップデートしていく予定です。
図録は、もうしばしお待ちくださいませ。
(こ)

DSC_2109.JPG

お子様ランチ.JPG



posted by showanokurashi-blog at 00:00| Comment(0) | イベント報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: