2017年11月30日

さらにいただきもの&障子張り講座

障子紙.jpg
いよいよ12月ですね。
年末といえば、障子張り!
今週末の12/2(土)には、「昭和くらしの学校」にて“障子張りと昭和の切り紙づくり”を行います。

障子張り講座.JPG

おかげさまで定員を超える大盛況となり、この日は10:30〜2:30頃まで、庭と談話室を使って皆で障子を張っています。
紙の修復の大家である増田勝彦先生をお招きしての講座で、例年なら館の風物詩をぜひご覧いただきたいところなのですが、今年はそんなわけで満員御礼で談話室も一部ご覧いただけない時間帯もありますので、特別展などゆっくりご覧になりたい方は、この時間帯以外がおススメです。

葉ボタン.jpg

休館日にせっせと講座の準備をしていたところ、お花のボランティアさんのOさんが「そろそろ時期なので」と、今年も葉ボタンを持ってきてくださいました。
毎度毎度、いただきもので生きている博物館です。
モノ知らずの私は「お正月には葉ボタンを植えるもの」ということを、Oさんから教えてもらいました。
その他にもおばあちゃん目線で(ご本人曰く「お姑さん目線で」)、色々なことを教えて下さる心強いボランティアさんです。

土曜日の障子張りも沢山のボランティアさんに手伝っていただく予定で、つくづくいただきものとボランティアさんで成り立っている博物館であります。(こ)



posted by showanokurashi-blog at 16:07| Comment(0) | 昭和くらしの学校
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: