2019年01月06日

手ぬぐいできました!

手ぬぐい.jpg

映画「この世界の片隅に」との特別展コラボグッズである「くらしの道具」手ぬぐいがようやく完成しました!

作画の浦谷千恵さんが描き、消しゴムハンコに仕立てたすずさんと、すずさんが工夫して調理した野草たち、それから釜、七輪、たらい、すり鉢など、館内にも登場するくらしの道具たちをモチーフとした可愛い手ぬぐいが2種類です。

すずさんたち登場人物も、姉さんかぶりをしたり、汗を拭いたり、作中でいつも使っていますよね。
もったいなくて使えない!という方には、2枚ずつの大人買いがおススメです(笑)。
でも注染という伝統技法で染めているので、色がなじんで風合いが変化していく様子もまた楽しんでいただけると思います。
ぜひぜひぜひ!使ってみてくださいませ。
(こ)




土浦手ぬぐい.jpg

手ぬぐいと、聖地・土浦にはこんなご縁も…。

映画「この世界の片隅に」 新年の手ぬぐい話 その1.

あけましておめでとうございます
友の会、土浦市民の蓮子です。

地元土浦セントラルシネマズ様は、年末年始も休まず上映をして下さいました。
その昔の大晦日に、夫の言動に腹を立てた私は、土浦駅から神奈川県の実家に帰ってしまおうと思いましたが、セントラルさんに入って映画を見つつ、心を落ち着け自宅へ戻ったという苦い思い出が突如よみがえりました。この頃は、まだ市内に他に2軒の映画館があったと思いますが、ここは駅近くで入りやすかったのです。映画の題名は覚えていますが、内容は全く記憶なし。
あの時実家に帰っていたら、今頃土浦市民ではなかったかもしれませんね。

さて、手ぬぐいコレクター蓮子の収蔵品に、土浦セントラル様の貴重な昔の手ぬぐいがありますのでご紹介します。

今や、手ぬぐいは若い方に中心にファンが広がり、専門店もあちこちにあります。
夏に使うイメージがあるかもしれませんが、以前はお年賀の熨斗紙をかけて新年の挨拶に持って行ったものですが、後にタオルにとって代わりあまり見かけなくなりました。

この昔の手ぬぐいは、掛け紙に「御手富貴」(おてふき)とあり、手配した地元の店の名が裏にありました。
旧名「祇園セントラル映画劇場」の始まりは昭和32年(1957年)当時木造2階建てで、旧町名祇園町からその名が来ていますが、新町名川口町になったのが昭和43年(1968年)ですのでその間のもののようです。

現社長のお父様は、寺内龍太郎氏という実業家にして土浦市会議長を務めた有名な方でした。社長のお兄様には、「エレキの神様」の寺内タケシさんがいます。
未使用ですが、染め物の経年によるシミが出ています。中央は家紋で「五瓜に違い鷹」。
電話番号は、下4桁は今も同じ。いずれにせよ50〜60年前のものでしょう。

自営業の夫実家も地元の歴史ある商店の方も、自分のところの手ぬぐいは配りきってしまい1枚も残っていないという話を沢山聞きました。現寺内社長には、先日なぜかタケシさんのギターピックを頂きました。ご記憶にないころの話でしょうが、今度はこの手ぬぐいのことをお尋ねしたいと思います。

posted by showanokurashi-blog at 11:13| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: