2019年04月05日

「時代の風景―この世界の片隅の映画館のあるまち」完成!(茨城県土浦市)

DSC_0591チラシ.jpg

映画「この世界の片隅に」

「時代の風景―この世界の片隅の映画館のあるまち」完成!

友の会、土浦市民の蓮子です。

茨城県土浦市の土浦セントラルシネマズさんの映画連続上映も、皆様ご存知のように2年を超えました!往時は8か所もあった映画館も今はここだけになりました。これらのことは、残念ながらあまり土浦市民には知られていません。折しも、土浦市立博物館では「町の記憶―空都土浦とその時代」特別展が開催中です。そこで土浦市民にもPRをと、昭和のくらし博物館友の会蓮子とカフェ城藤茶店オーナー、市立博物館学芸委員さん協力の元、「かめのこジャーナル」という城藤茶店さん発行のユニークな新聞の2号で特集いたしました。
昭和19年の土浦の面影を訪ね歩く地図、年表、貴重な写真も満載です。
ぜひ、映画の後はこれを手に土浦のまち歩きをお楽しみください。

配布場所(原則として土浦市内)無料配布

・土浦セントラルシネマズ
・土浦市立博物館
・城藤茶店、他掲載各店



001.jpg


DSC_0593.jpg


DSC_0590.jpg


土浦市立博物館第40回特別展「町の記憶―空都土浦とその時代」

いつも昭和のくらし博物館のチラシを置いて頂いている関係で昨年お訪ねしたところ、副館長さんから博物館合同で何かやりませんかとお声をかけていただきました。そこで早速「かめのこジャーナル2」発行、「映画鑑賞と土浦探検」企画がバタバタしつつ進んだのです。市民に愛される博物館はさすがです。

さて、土浦市は大正末期から昭和初期にかけてふたつの海軍航空隊が創設され、町は大きく変貌し栄えました。今の土浦駅前の景色からは想像できないでしょう。しかし、まだ町のあちこちにその面影を見ることができます。
映画の中で、すずさんの妹すみさんがあこがれの将校さんから食券をもらったとうれしそうに話すシーンがあります。市内の吾妻庵という明治6(1873)年創業のそば店に残る看板には、「食券持参者に販売」と書いてあります。また、映画の中では、伝単と呼ばれる米軍がまいたビラが出てきます。茨城県の県庁所在地の水戸市では、空襲予告にビラがまかれ昭和20年8月2日に大空襲に見舞われました。看板、ビラ(伝単)いずれも展示でご覧になれます。

土浦市立博物館 特別展 〜5月6日(月)月曜休み 一般105円

土浦市中央1−15−18 029−8242928



土浦ツアーチラシ.jpg

4月21日(日)「映画鑑賞&土浦探検ツアー」受付中です!
posted by showanokurashi-blog at 15:05| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: