2011年11月20日

矢絣の着物姿のお客様

博物館の庭も、秋の風情になってきました。

さて、季節をさかのぼって、台風一過の夏の日のこと・・・。白地に薄紫色の矢絣の着物姿がすてきな、楚々とした女性のお客様がありました。

写真に撮りたいくらいこの博物館にお似合いだったので、色々伺ってしまいましたら、文学座の女優さんで、渋谷はるかさんとおっしゃる方でした。11月のお芝居で女中さんの役をするので、勉強のために”昭和、女中がいた時代”(当館で開催中の企画展です。)を見にきましたと、話してくださいました。

当館の企画展がそんなかたちでお役にたつのは、うれしいことです。そのお芝居はぜひ見てみたい!と思い、11月13日、公演最後の日になってしまいましたが、行ってきました、紀伊國屋サザンシアターへ!

岸田國士傑作短編集として夫婦のすれ違いなどを描いた三つの作品が上演され、その最後の『秘密の代償』というお芝居に小間使いという役(小間使いがキーマンのお芝居です)で出演されました。

小間使い風の着物姿も凛々しく、働き者で奥様から厚く信頼されていながら、実は実は、とってもシタタカな〜、という難しい役どころを見事に演じていらっしゃいました。

終演後面会して、ブログに書かせて頂きたいとお願いしたら、快く承知してくださいました。             

渋谷はるかさん、ご活躍を心よりお祈りします。

posted by showanokurashi-blog at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76475364

この記事へのトラックバック