2012年01月13日

百人一首で優雅に日本のお正月を!

百人一首〜、なんと優雅で、文化的なお正月の遊びでしょうか!

1月21日(土)13時から、昭和のくらし博物館で、百人一首を楽しむ”新春かるた会”を開催します。スピードを競うのではなく、ゆっくり三十一文字(みそひともじ)を楽しむ会です。

かるたを取ったら、茶話会。ささやかながら福引もありますよ。いかがですか!

私の子どもの頃を思い出すと・・・

歌の意味はほとんど分かっていませんでした。でも、今考えると、子どもには意味が分からなくて丁度よいという歌が多いですね。

我が家では、家族で絵札の美男・美女コンテストをしました。箱の裏にそれぞれ1位から3位までを書いておきました。誰だったか?今度実家に行って確かめておきます。

また、本来の遊び方以上に人気だったのは、”坊主めくり”でrした。絵札を裏返して積み、順番に一枚づつ札を取っていき、お坊さんの札が出たら、持ち札を全部捨てなければなりません。そのかわり、お姫様の札がでたら、捨てられた札を全部もらえる!そして最後に一番持ち札の多い人が勝ちになります。小さな子でもできる、単純明快、運だけの勝負。でも、ほんとに盛り上がりました。21日のかるた会でも、時間があったらやりたいなあ。

かるた会、詳しくはホームページにご案内が載っています。(建築講座案内の次に出てきます)どうぞご覧になってください。ご参加をお待ちしています!

  

<貝>

posted by showanokurashi-blog at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76475373

この記事へのトラックバック