2012年01月27日

新春かるた会、優雅に?遊びました!

1月21日、百人一首を楽しむかるた会を行い、優雅?なひと時を過ごしました。

初めのうちは、参加者の皆様、久しぶりの百人一首とあって、札を取る手も控えめ、譲り合っていらっしゃいました。読み手の小泉家三女の紀子さんのお声もやさしく、優雅な雰囲気のうちに進みました。

が・・・、だんだん上の句を聞いて、下の句が出てくるようになり、札も残り少なくなると、競争が激しくなり、元気なかるた会になりました。

かるた取のあとは、火鉢でこんがり焼いたお餅入りの当館手作りのお汁粉などを味わって頂きながら、なごやかに歓談。

それから、予告のブログで書いたように、”坊主めくり”で童心に返りました。誰かさんは、山と札を積んだのに、最後から2順目で坊主が出て失い、最後の一枚も坊主でゼロのまま終了というドラマチックな展開に、大いに盛り上がりました。

最後にお正月らしく福引をして、笑顔で終了。ご参加の皆様、当館の新春を一緒に楽Pict0220_2 しんでくださって、ありがとうございました。Pict0220   写真は、落語にも出てくる有名な歌、「ちはやぶる神代も聞かず竜田川・・・」を昔の書の名人が書いたものをコピーして、会場に飾り付けたものです。本当は、写真1枚でいいのに、私のブログ術が未熟なため、2枚になってしまい、配置もおかしい・・・、次回はもう少し上手に写真を入れたいと思います。<貝>

posted by showanokurashi-blog at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/76475374

この記事へのトラックバック