2014年03月21日

悲しいお知らせ

昭和のくらし博物館の名物講座「火鉢を囲んで建築の歴史」の講師をたびたび務めてくださった文化庁文化財鑑査官の大和 智先生が昨夜、新橋駅における事故でお亡くなりになりました。訃報を博物館に最初に知らせてくださったのは、同講座にも参加してくださっている同じ久が原にお住まいの男性でした。「ついこの間、博物館で講座を持たれたばかりだったので、もしまだご存知なかったらと思って」とご親切に知らせてくださったのです。 
 
 大和先生は毎回、日本の文化財建造物の保護状況について、その年のニュースや保護の考え方、手法の変遷などをやさしくお話しくださって、人気を集める講座でした。
 
 講座のあった2月1日、玄関先で定年後について明るく話され、いつものように自転車に乗って帰って行かれました。そのお姿が思い浮かびます。まだまだお若いのに、ほんとうに残念でなりません。

 深く哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます(ま)。

DSC_8138mini.jpg
posted by showanokurashi-blog at 16:18| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: