2014年06月12日

カエルの昭ちゃん、危機一髪

 このところ、雨が続いて庭の植物や生物が生き生きとしています。先日の雨の日、この博物館に住み着いているカエルの昭ちゃんが、雨樋の常滑焼の水受け鉢のなかにいました。その姿にほのぼのと「雨だから、そんなとこに隠れてみたりして、遊んでいるのね」などと思って帰ったのですが、次の日の朝出勤して、よもやと思って水受け鉢の中をのぞくと、なんと昨日と相変わらずの姿で昭ちゃんがいるのです。

1登れない.jpg


 悠長な私とは裏腹に、昭ちゃんは水受け鉢に落ちた後、雨で濡れてツルツルになったの壁を登れず必死にもがいて夜を過ごしていたらしいのです。昨日よりお腹はぺったんこで、もがく手足も少しお疲れ気味に見えました。なんとも不憫な姿です。
 この博物館に来て、カエルの姿を可愛らしいと思えるようになりましたが、触るのはまだちょっと苦手です。しかしそうも言ってられず、葦簀を数本束にし、昭ちゃんを乗せて鉢の外に逃がしてあげました。

2助かった.jpg


 疲れからすっかり放心してしまったのか、昭ちゃんは鉢のそばで動きません。せっかくなので助けたお礼のかわりに、ちょうど横に咲いていた姫檜扇と昭ちゃんの記念写真を撮らせてもらったのでした(中)。

3ちょっと放心.jpg
posted by showanokurashi-blog at 16:53| Comment(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: