2020年10月10日

小泉館長の著作・監修本

本日どしゃぶりの博物館。こんな日はおうちでゆっくり読書時間ですね。
コロナのドタバタで紹介できずにおりましたが、今年出版された小泉館長の
著作・監修、関連の本をご紹介します。(こんなに沢山!)
■『ビジュアル 日本の住まいの歴史 全4巻』
 小泉和子監修/家具道具室内史学会著/ゆまに書房/各3,080円
 古代、中世、近世、近現代の4冊で、日本人のすまいと暮らし方を紹介た渾身の作。
 お子さんから読めます。
DSC_0327.jpg

■『ものと人間の文化史184 掃除道具』
 小泉和子・渡辺由美子著/法政大学出版局/3,520円
 モノと日本人のつながりを深く掘り下げるシリーズの一つ。
 これまで全くなかった‟掃除道具”について歴史的視点から取り上げています。
 館にもお越しいただき現在作品を販売している箒職人の吉田慎司さんも登場しています。
『掃除道具』.jpg

■『昭和の子どもとお店屋さん』
 高部晴市作・高部雨市詩・小泉和子監修/佼成出版会/1,980円
 絵本作家の双子の高部さん兄弟が育った昭和30年代の東京下谷の商店街と子どもたちの
 生活を描いた本。当時の風俗についても詳しく解説しています。
DSC_0325.jpg

『こんな仕事があったんだ! 昔のお仕事大図鑑』
 小泉和子監修/日本図書センター/6,380円
 「昔の仕事」が、なぜその時代には必要だったのか、現代にはなぜ残らなかったのか、
 そしてどのような仕事に変化していったのかを、豊富なイラストとともにわかりやすく解説。
 ロバのパン、バスガール、チンドン屋、髪結い、下宿屋…など、これまでの館の活動にも
 関連ある職業が沢山出ています。
昔のお仕事大図鑑.jpg

■『別冊太陽 戦時下のくらし』
 小泉和子監修/平凡社/2,750円
 「すずさんのおうち」の展示と片渕監督のインタビューから映画「この世界の片隅に」の
 世界を追体験し、豊富な写真とくらしの視点で‟戦争”を読み解いています。
 戦後75年だからこそ読んでほしい本。引き続きおススメです!

表紙.jpg

そして、つい先日出版されたのがこの本。
■『博物館ななめ歩き』
 栗原祐司監修・久世番子イラスト/文芸春秋/1,320円
 漫画家 久世さんとミュージアムフリーク クリハラさんが訪ねた94館をギュウ詰めにした
 博物館愛にあふれた本。知らなかった小さな博物館も紹介されています。
DSC_0326.jpg

‟フリーク”といいつつ、この栗原さんは現在、京都国立博物館の副館長を務める方。
まだ博物館が始まった頃に訪ねて感激して見て下さって、励ましていただいた覚えがあります。
雨の日にゆっくりどうぞ。
(こ)
posted by showanokurashi-blog at 11:38| Comment(0) | お知らせ

2019年10月13日

台風一過

台風一過.jpg

昨日、台風により臨時休館させていただいた博物館ですが、本日13(日)、無事開館いたしました。
ただまだ電車各線まだダイヤが乱れているとのことで、お出掛けの際はどうぞお確かめの上、
ご来館下さいませ。

厳重対策したつもりでもあちこち台風の余波が。
台風準備、片づけなど、こんな非常時にご近所の皆さまが手伝って下さいました。
本当にありがたいことです。
折れた庭木の手入れも朝イチでこの通り。

台風.jpg


わが社はこれぐらいでなんとか済みましたが、被害が大きかった皆様、本当に大変だと思います。
心からお見舞い申し上げます。(こ)
posted by showanokurashi-blog at 11:50| Comment(0) | お知らせ

2019年10月09日

東急池上線プロジェクト「行けばアガる↑池上線」キャンペーン 10/9(水)〜12/8(日)

20191009_175758.jpg

10/9(水)〜12/8(日)の期間中、東急電鉄主催で、池上線沿線スタンプラリー「行けばアガる↑池上線」キャンペーンを開催します。
散策用のガイドブック配布や、様々なイベントがあり、スタンプを集めると素敵なプレゼントも!
昭和のくらし博物館も貴重な立ち寄り場所のひとつに加えていただいています。


池上線にまだ乗ったことがない!という方も多いと思います。
3両編成の電車がJRの五反田と蒲田の間をコトコト走る可愛い電車です。
この機会に“なつかしさ”を感じる7つの生活名所を巡る旅に出かけてみませんか?
https://ii.tokyu.co.jp/ikegami_line#event


*当館でのスタートは、1011()の開館日からです



池上線スタンプラリー.jpg


posted by showanokurashi-blog at 18:28| Comment(0) | お知らせ