2011年11月16日

南果歩さん来館!

来年のNHKの朝ドラ、大田区のしかも蒲田近辺が舞台になるとご存知ですか。

ドラマ作りのための取材ということで、この博物館にも番組製作者の方々が見えたことがありますが、先日は、主演される女優の南果歩さんがいらっしゃいました。

丁寧に館内をご覧になり、談話室で学芸員としばらくお話をされ、「参考になります」と、DVDと単行本の『昭和の家事』などを購入していかれました。

役者さんの役作りというのは、こんなふうに実際に昭和という時代や場所を体験して、何かを感得していくものなのですね。

頭の中だけでひねり出すものではないんだと思いました。

ここには、時々そんな役者さんたちがいらっしゃいます。この春には、SMAPの稲垣吾郎さん主演のお芝居で若手のホープの男優さんと女優さんが来館されました。

そういえば『三丁目の夕日』の時もそうでした。
博物館がお役にたつことは、本当にうれしいことです。

それにしても、南果歩さんは美しい方でした。
女優さんてすごい…。

来年の朝ドラが今から楽しみです。(☆)

posted by showanokurashi-blog at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

26日(土)9時半、博物館が旅番組に登場します。

11月上旬のある日、某テレビ局の撮影隊がやってきました。

池上線沿線をぶらりと訪ね歩く番組です。この日に備えて紋切り作家下中菜穂さんが談話室でワークショップを開いています。

Pict0187

久が原方面から路地をたどってやってくると、まずは小泉家3女紀子さんの案内で館内を見学。

誰が? じつは、番組名もレポーター名も、放映日まで口外してはならないんだそうなんです。でも写真はOKでしたので、ちょっと載せてしまいます。

いつもの紀子さんのナチュラルで気品のある案内に、レポーター氏は1時間近くかけてじっくり館内をご覧になっていました。

そして談話室へ。

Pict0156Pict0155Pict0157

この日の紋切りは時節に合わせて年賀状やカード。
庭にも紐をわたしてあちこちに作品を展示して、とてもきれいでした。

紋切りという、シンプルで力強い作品は、まさにカードや年賀状にピッタリなんだ! と大発見をしたような気分でした。

Pict0193

話も弾んで、随分長時間にわたった取材&撮影でしたが、放映日は11月26日(土)午前9:30〜10:30。

皆さん、ぜひご覧になってくださいね。

そして、当日も使った紋切りの本は、博物館でも販売しています。
紋切り年賀状に、あなたも挑戦してみませんか。(☆)

posted by showanokurashi-blog at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

庭にお花がたくさん!

Pict0201_2  流石にだいぶ冷え込むようになってきたある日、いつも博物館の花を気にしてくださっているボランティアのOさんが、紫がかったピンクの、大輪の菊を持ってきてくださいました。

さっそく庭の、ちょっと奥まった柿の木の根元に植えると、一気に庭全体に光がさしたようです。

その1週間後、たくさんの葉ボタンを、数日後にはパンジーを届けてくださいました。

あちこちから美しい花がのぞいて、館の庭が一変しました。

Pict0162_2 Pict0164

Pict0202

花の力ってすごい、と改めて認識しました。
Oさん、本当にありがとうございます。大事に育てます。(☆)

posted by showanokurashi-blog at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他