2017年11月30日

さらにいただきもの&障子張り講座

障子紙.jpg
いよいよ12月ですね。
年末といえば、障子張り!
今週末の12/2(土)には、「昭和くらしの学校」にて“障子張りと昭和の切り紙づくり”を行います。

障子張り講座.JPG

おかげさまで定員を超える大盛況となり、この日は10:30〜2:30頃まで、庭と談話室を使って皆で障子を張っています。
紙の修復の大家である増田勝彦先生をお招きしての講座で、例年なら館の風物詩をぜひご覧いただきたいところなのですが、今年はそんなわけで満員御礼で談話室も一部ご覧いただけない時間帯もありますので、特別展などゆっくりご覧になりたい方は、この時間帯以外がおススメです。

葉ボタン.jpg

休館日にせっせと講座の準備をしていたところ、お花のボランティアさんのOさんが「そろそろ時期なので」と、今年も葉ボタンを持ってきてくださいました。
毎度毎度、いただきもので生きている博物館です。
モノ知らずの私は「お正月には葉ボタンを植えるもの」ということを、Oさんから教えてもらいました。
その他にもおばあちゃん目線で(ご本人曰く「お姑さん目線で」)、色々なことを教えて下さる心強いボランティアさんです。

土曜日の障子張りも沢山のボランティアさんに手伝っていただく予定で、つくづくいただきものとボランティアさんで成り立っている博物館であります。(こ)



posted by showanokurashi-blog at 16:07| Comment(0) | 昭和くらしの学校

2016年06月19日

来て見て作って食べてみよう!

おはぎ。
和菓子屋さんや、デパ地下などで売られているのはよく見かけますね。
でも実際に作ったことのある方、意外と少ないのでは?

この博物館の前身である小泉家のお母さん、スズさんはいつもお彼岸やお盆にはおはぎを作っていました。

こんなふうに餡を練り(お砂糖たっぷり。黒光りする餡!)
おはぎ1.jpg

















いくつもいくつも並べて
おはぎ2.jpg
















お重に詰めて皆さんに振る舞っていたものです。
おはぎ3.jpg

















そんなスズさんのおはぎ作りの模様を映画で見て、その後実際に作ってみませんか。
もちろん作った後にはおいしく味わうお楽しみも。

6月25日(土)、昭和くらしの学校「昔ながらのおはぎ」講座にてお待ち申し上げております。
まだお席ございます。
今からのご予約ですと当日お支払いということで受付いたします。
お申込み・お問い合わせは下記まで↓
mail☆showanokurashi.com(←☆を@に変えてくださいね)

時間は10:30〜12:30。
講師はスズさんの娘である小倉紀子さんです。
小泉家直伝の甘さとおいしさをぜひご堪能ください!
前回の「かんたん野草茶」講座で皆さんが仕込んでくださった5種類のお茶もありますよ。

こちらが紀子さんによる試作品。
胡麻おはぎの中にも餡が入って、舌もお腹も大満足。
おはぎ4.JPG

posted by showanokurashi-blog at 11:38| Comment(0) | 昭和くらしの学校

2016年05月25日

野草茶準備中!(くらしの学校 5/28(土)スタート)

野草茶写真1.jpg


今週末、昔のお母さんの家事を学ぶ「昭和くらしの学校」がいよいよスタートします。

第1回の5月28日(土)は、「かんたん野草茶づくり」講座。
かつては、すぐ身近にある野草を使って体に良いお茶を手作りしていました。
ドクダミを中心に、柿の葉、ビワの葉、ヨモギなどを使って皆でお茶を手作りし、
味わいながらその効能や作り方を学びます。

ただ今、材料の野草茶を準備中。
良い香りが館内に漂っています。
新緑の勢いが益々盛んな5月だけの講座。
雑草と思っていた野草を見る目が変わりますよ!
参加者もまだ募集していますので、関心のある方はぜひ博物館までお問い合わせください。

DSC00371.JPG 野草茶2.jpg
■日時:5月28(土)10:30〜12:30
■参加費:2500円
■定員:10名(要予約)
posted by showanokurashi-blog at 14:04| Comment(0) | 昭和くらしの学校