2016年09月25日

利根山光人展最終日!

利根山.jpg

夏の特別展として2ヶ月間開催してきた「利根山光人 ヒロシマ・ナガサキ・南京」展は、本日9/25(日)17:00までです。

メキシコ美術に魅せられた利根山さんが描いた反戦の画。
その静かな迫力に、この二ヶ月間、毎日圧倒され続けてきました。
利根山作品に会える最後のチャンスです。
どうぞお寄りくださいませ。

来館者には作品絵はがきのプレゼントもあります!(こ)

利根山面.jpg

メキシコ民芸品の収集家でもあった利根山光人。
こんなキッチュなお面に心動かされないはずはない!?。

posted by showanokurashi-blog at 10:46| Comment(0) | 展覧会

2016年08月05日

夏の特別展「小泉家に残る戦争展/利根山光人ヒロシマ・ナガサキ・南京展」始まりました

戦争展全景.jpg

夏休みと共に夏の特別展が始まりました。

平和の大切さをゆっくり考えるために毎年開催している「小泉家に残る戦争」展。
テーマ別の資料展示のほか、お茶の間、子供部屋にて、実際の戦時中のくらしを体感できるようになっています。
灯りや衣服、食べるものなど、くらしのすべてに制限のあった戦争から解放された時の喜びはどれほどだったでしょうか。
夏のしつらいのお茶の間と共にぜひ感じていただければと思います。

戦争展3.jpg

また今年はダブル特別展として、「利根山光人 ヒロシマ・ナガサキ・南京」展を同時開催しています。
メキシコやマヤ遺跡に魅せられ、生命力あふれる絵を描き「太陽の画家」と呼ばれた利根山画伯。
自身も出征経験があり、佐久間ダムや炭鉱で働く人々を描き、社会派の画家としても知られています。
“戦中派の証言”として描いた迫力ある反戦シリーズをぜひご覧になって下さい。

ライフワークとして描いたパワーあふれるメキシコの絵や、数多くの民芸品や著作、そして晩年まで交流のあった暮しの手帖社の花森安治の肖像画も見どころです。

利根山展1.jpg
利根山3.jpg

この夏、昭和のくらしを多方面から味わってください!
(詳細はチラシにて)

■「小泉家に残る戦争」展 開催中〜8/28(日) 
 ・8/21(日)2:00〜4:00 ギャラリートーク&パン焼き実験「戦中戦後のパンのおはなし」 要予約・入館料のみ
 ・8/14(日)、27(土)2:00〜3:00 トーク「その時、小泉家は」 予約不要・入館料のみ

■「利根山光人 ヒロシマ・ナガサキ・南京」展 開催中〜9/25(日)
 *会期中9/2(金)〜4(日)は臨時休館です
  




posted by showanokurashi-blog at 10:43| Comment(0) | 展覧会

2016年04月01日

今日から新企画展「パンと昭和」スタートです。

企画展3.jpg

えっ!博物館が喫茶店に!?
いいえ、新企画展「パンと昭和」の展示です。

企画展.jpg

新年度スタートの本日より、新しい企画展がはじまりました。
昭和時代、日本人の生活は大きく変わりましたが、主食のひとつとして家庭にパンが根付いたこともそのひとつです。
戦前に居留地から始まったパン、
戦時中に代用食として広まったパン、
戦後、アメリカからの救援物資として広まった給食のパン、
そして懐かしい“ロバのパン”や名古屋のモーニング文化としてのパン、パンのお供のジャムやマーガリンなどなど、
幅広い角度から「パンと昭和」を掘り下げます。

見どころを順次ご紹介していきますので、ぜひ見にいらっしゃって下さい。
来年3月末まで開催予定です。
(解説冊子は5月以降発行の予定です)

企画展5.jpg
戦時中の代用食

企画展2.jpg

こんな学校給食も


posted by showanokurashi-blog at 15:05| Comment(2) | 展覧会