2016年10月29日

明日30(日)は裂き編みワークショップ!

鍋敷き2.jpg

特別展「昭和なくらし方 衣と食」の再生ワークショップの第1回は、明日30日(日)開催です。

明日は、渡部道子さんの“裂き編み”で鍋敷きづくり」。
着古したTシャツをジャンジャン裂いて、編んで、どんどん生まれ変わらせてしまいましょう!

織り機.jpg

編みだけでなく、明日は特別に渡部さんの作品にも用いられている“裂き織り”の体験もできます。
渡部さん手作りの織り機で、気軽でありながら本格的な織り体験をぜひ!
なんでも作れてしまいそうな気がする…。
あと若干名人数に余裕ができましたので、関心のある方はぜひお申し込みをお待ちしています。(こ)

鍋敷き.jpg
鍋敷きはいくつあっても重宝。古いTシャツがこんな北欧風テーブルに!?


バスマット.jpg
がんばればこんな大作も!
小さくいくつかつくれば、思い出のシャツがコサージュになりますよ。


◎裂き編みで鍋敷きづくり◎
日時: 10月30日(日) 午後2:00〜4:00
講師: 渡部道子さん (染色工芸家)
費用: 2,000円 (入館料込み・お茶お菓子つき)
持物: 着古したTシャツ・かぎ針5号前後のもの (ない方はご相談下さい)
申込: 昭和のくらし博物館
    電話/FAX 03-3750-1808
    email:mail@showanokurashi.com
          〒146-0084 東京都大田区南久が原2-26-19
           開館 金・土・日祝日 10時〜17時(11/27まで水〜日祝日開館)
          URL:http://www.showanokurashi.com/
posted by showanokurashi-blog at 13:06| Comment(0) | 講座

2016年06月07日

土曜講座 「小泉和子が語る家具の歴史2016」のご案内

image032.jpg





 
今年の家具講座は、「和家具の面白さ〜日本の家具・インテリアを代表する棚の歴史〜」です。

棚についてご存じですか?
棚は日本の家具の中でもっとも重要なもので、奈良・平安の昔から天皇や貴族の家具として高い地位を持ち続けてきた格の高い家具です。
それだけにデザイン的にも日本人の美意識が集約されています。

世界的にも高く評価されており、近代の欧米の家具・インテリアにも大きな影響をあたえています。
そうした棚の歴史について、日本家具史研究者である、昭和のくらし博物館館長の小泉和子がじっくり話します。

講座後の懇親会では、登録文化財昭和のくらし博物館で講師を囲んで、家具談義。

アカデミックな梅雨の週末もいいかもしれません。またとない機会です皆様のご参加をお待ちしております。

(講座概要)

時 間:6月11日(土) 午後3:00〜5:00 (開場 午後2:30)

懇親会 5:30〜 (会費:500円 / 希望者)

会 場:鵜の木特別出張所(昭和のくらし博物館よりすぐ)

受講料:1,000円 (入館料込)
※講座開始前に登録文化財唱和のくらし博物館をご見学いただけます。

定 員:40名 (要予約・先着順)

お問い合わせ・お申し込み:03-3750-1808(昭和のくらし博物館)

詳しくはこちらをご覧ください。 
posted by showanokurashi-blog at 16:45| 講座