2017年12月31日

今年もお世話になりました。

DSC_0190門松小.jpg

年の瀬の博物館です。
特別展を無事終え、大掃除とお正月の準備も終わりました。

DSC_0132 小.jpg

DSC_0149 ケーキ小.jpg

特別展の最終日はクリスマスイブ!
ささやかながらケーキとワインでおつかれさまをさせていただきました。
高野さん、温かく心のこもった展覧会を本当にありがとうございました。

DSC_0169 ほうき小.jpg

さて、休館に入ってからは大掃除や道具の修理です。
慌ただしすぎて今年は出来ないかと思いましたが、なんとかスタッフ、ボランティアさんで集まって、すす払い、上敷き上げ、畳拭き、床磨き、窓拭きなどなど、館内きれいに拭き清めることができました。

DSC_0159 竹馬小.jpg

DSC_0171 お屠蘇小.jpg

DSC_0168 猫小.jpg

DSC_0193藁灰小.jpg

昨年の神棚のしめ縄を燃やして、藁灰を作りました。
これも恒例行事です。
藁を燃す煙に燻されてすっかり全身いぶりがっこのようになってしまいましたが、これも年末の匂いだなぁと思いました。

最後はご飯を炊いて、豚汁と佃煮(それとのり巻き、漬物、銀杏、芋茎の煮物に、パンというおいしい差し入れと!)で、皆でおつかれさま会をしました。
終わってそのまま行李トランク一つ下げて郷里に帰省するスタッフもいたりして。
まるで小泉家のスズお母さんが下宿人さんのお世話をしていた時代に戻ったかのようでした。

今年もいろいろな方にお世話になりました。
ローカル線に乗って博物館まで足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。
新年は1月5日(金)からの開館です。
6日(土)には早速、「昔の歌にチャレンジ教室!」というとっても楽しいイベントもあります。

来年も人のつながりが生まれる博物館にしたいと思っています。
2018年も、またどうぞご来館を心からお待ちしております。
(こ)

DSC_0185熊手小.jpg
posted by showanokurashi-blog at 00:41| Comment(0) | イベント報告

2017年12月23日

高野文子さん展、あと2日!

看板.jpg

3か月にわたり開催してきた特別展「高野文子の描く 昭和のこども原画展」も、残すところいよいよあと2日となりました。

作品.jpg

泣いても笑っても、高野作品に会えるのは、明日24日(日)まで。
皆さまぜひお越し下さい。

手ぬぐい.jpg

ふーちゃんに会えるのもこれが最後!?
posted by showanokurashi-blog at 11:36| Comment(0) | 日々のこと

2017年12月16日

高野文子さんの展示が「新潟日報」他で紹介されました/会期は残り4日!

新潟日報記事 1小.jpg
新潟日報記事 2小.jpg

高野文子さんの「昭和のこども原画展」も会期、残りいよいよあと4日となってしまいました。

12月12日に「新潟日報」にて紹介されたのですが、共同通信社の配信にて徳島や信濃毎日、神戸、北海道新聞などにも掲載されています。
そのおかげか、本当にお遠くからの方がこの久が原まで訪ねて来て下さっています。
決して便利な場所でないのですが、皆さん原画を見て「やっぱり来てよかったですー」と、ニコニコ帰って下さるのがありがたい。

先日は、なんと韓国から高野さんファンという漫画家志望の若い男性方が来て下さいました。

韓国からの来館者 小.jpg

韓国漫画 小.jpg

WEBで連載しているという作品を拝見すると、高野さんの作品の雰囲気がそこかしこに。
遠く海を渡って広がる高野さんワールドは本当にすごいですね。

会期はあと17(日)、22(金)、23(土)、24(日)の5:00までとなります!
どうぞお見逃しなく。
(こ)
posted by showanokurashi-blog at 11:49| Comment(0) | お知らせ

2017年12月05日

高野文子さん手ぬぐい お詫びとお知らせ

皆様にたいへんご好評いただいております高野文子さんの展示も、
いよいよ今月いっぱいでおしまいです。
12月24日(日)までですので、どうぞお見逃しなく。

そしてこんなタイミングで申し訳ないことに、手ぬぐいが一時的に
欠品しております。
再入荷は12月16日(土)ですが、入荷時間はわかりませんので
確実にお渡しできるのは17日の日曜日以降となります。

もちろん、欠品中にご来館くださった方には、後日こちらから
郵送させていただきます。
(ただし送料をいただくことになってしまいます…、申し訳ありません)

送料は、手ぬぐい4枚まで180円、それ以上の枚数をご希望の場合は
4枚ごとに180円ずつ加算となります。

我々の予想をはるかに上回る大人気で、おひとりで4枚5枚と大人買い
される方も多くいらっしゃいました。
文字通り「飛ぶように」売れていく様子を目の当たりにし、何事も
早め早めの手配が肝要だと痛感した次第です。

せっかく楽しみにお越しくださる皆様に、すぐにお届けできなくなり
心苦しい限りです。
しばしの間お待たせしてしまいますが、どうかご容赦いただければ
幸いでございます。
高野さん手ぬぐい(一部).jpg

posted by showanokurashi-blog at 16:35| Comment(0) | お知らせ

2017年11月30日

さらにいただきもの&障子張り講座

障子紙.jpg
いよいよ12月ですね。
年末といえば、障子張り!
今週末の12/2(土)には、「昭和くらしの学校」にて“障子張りと昭和の切り紙づくり”を行います。

障子張り講座.JPG

おかげさまで定員を超える大盛況となり、この日は10:30〜2:30頃まで、庭と談話室を使って皆で障子を張っています。
紙の修復の大家である増田勝彦先生をお招きしての講座で、例年なら館の風物詩をぜひご覧いただきたいところなのですが、今年はそんなわけで満員御礼で談話室も一部ご覧いただけない時間帯もありますので、特別展などゆっくりご覧になりたい方は、この時間帯以外がおススメです。

葉ボタン.jpg

休館日にせっせと講座の準備をしていたところ、お花のボランティアさんのOさんが「そろそろ時期なので」と、今年も葉ボタンを持ってきてくださいました。
毎度毎度、いただきもので生きている博物館です。
モノ知らずの私は「お正月には葉ボタンを植えるもの」ということを、Oさんから教えてもらいました。
その他にもおばあちゃん目線で(ご本人曰く「お姑さん目線で」)、色々なことを教えて下さる心強いボランティアさんです。

土曜日の障子張りも沢山のボランティアさんに手伝っていただく予定で、つくづくいただきものとボランティアさんで成り立っている博物館であります。(こ)



posted by showanokurashi-blog at 16:07| Comment(0) | 昭和くらしの学校