2019年07月28日

セルロイド人形に会おう!

DSC_1332.jpg

心配された台風も無事通り過ぎ、平井英一さんによるセルロイドの色付け体験を開催しました。

DSC_1337.JPG

小学生が多かった午前中。
それぞれに可愛く、個性的に!?仕上げてくれました!
終わった後はもちろん庭で、水くみ、コリントゲーム、コマ回し、竹馬の、大・遊び大会でにぎやかに。

DSC_1342.JPG
DSC_1338.JPG

ドールハウスづくりをされている方や、以前に平井さん作のミーコさんを買った方が、再び連れて作りに来て下さいました。

DSC_1359.JPG

DSC_1345.JPG
後ろの熊手もすべてセルロイド人形でできています。


otona.JPG

午後も夕方近くになると大人が増えて…。
なんと、あのキャンディ・ミルキィさんもご参加下さいました!
「キャンディ・キャンディ」の保存会をされているミルキィさんは、葛飾区柴又にあるレトロ喫茶セピアの2階にキャンディの博物館を開いておられる方。
ちょうど来ていた小泉館長と「個人で博物館を維持するのはほんっとに大変。」と盛り上がって!?おられました。

DSC_1349.JPG
仕上がりはこの通り!
新しく衣装にも加えて下さるそうです。

kinngyo.JPG
こんなのやら。

neko.JPG
あんなのやら。

DSC_1346.JPG
そして、こんなのまで!

大人の回も非常に盛り上がりました。
皆さま、そして平井さんも、暑い中遠路はるばる本当にありがとうございました。
夏場は50℃にもなるという大変な工場で作り続けているセルロイドのお人形たち。
どうぞお体に気を付けて、優しい作品を生み出し続けていただきたいと思っています。

ひまわり.JPG

ボランティアさんが植えて下さったひまわりが満開に。
週明けの8月2日金曜日からは、特別展「小泉家に残る戦争」展がはじまります。
(こ)



posted by showanokurashi-blog at 20:56| Comment(0) | イベント報告

2019年07月21日

大田区の博物館・記念館回遊スタンプラリーが始まります

回遊ラリー-1.jpg

7月20日(土)〜8月25日(日)の間、小・中学生を対象に区内の博物館、記念館を巡る
スタンプラリーが始まります。

当館のほか、久が原の「炭ギャラリー」さん、下丸子の「五十嵐健治記念洗濯資料館」(白洋舎)さんなど
民間の施設もあわせて対象施設が10か所。
今年初めて参加させていただきました。
2館巡ると参加賞(はねぴょんシール)が、5館巡ると記念品(大田区の伝統工芸品やはねぴょんグッズなど)
の抽選に応募できます。

回遊ラリー-2.jpg

上記の期間中、スタンプラリーに参加する小中学生は、なんと入館料(通常300円)が無料となります!
もう早速に夏休みの宿題のお子さんたちが続々と。

ラリー1.JPG

ラリー2.JPG

InkedInkedラリー3_LI.jpg

楽しい!楽しい!と言いながら見てくれていました。
来週28日(土)にはセルロイドについてのトークと体験ワークショップもありますよ。
夏休の自由研究に、そして「いつか…」と思っていた方は、この機会にぜひお待ちしています。
(こ)
続きを読む
posted by showanokurashi-blog at 13:25| Comment(0) | お知らせ

2019年07月17日

7/28(日) セルロイド人形の色付けワークショップやります!

20190728 セルロイド色つけ.jpg


長らく開催してきた企画展「昭和の子ども」展ですが、会期は9/1(日)までとなり、残すところあと一ヵ月少々となりました。
今回特別企画で、子どもの遊び文化の展示に登場するセルロイドについてのトーク&ワークショップを開催します。


DSC01294.JPG

セルロイドとは、ソフトビニールやプラスチックが登場する前の昭和30年代まで、あらゆる生活用品に広く使われてきた素材です。
今回、お話と色付け指導をしていただくのが、足立区在住の平井英一さん。
父親の代からセルロイドの工場を営み、お父様が亡くなる直前に一緒に昭和30年代の金型から“ミーコさん”という人形を復活させたことをきっかけに、再びセルロイドの製作と普及活動をされるようになった職人さんです。
大阪では主に筆箱やメガネなどの製品を、東京・葛飾区周辺では飾りものなどの人形を主に製造していましたが、現在では人形を作り続けておられるのは平井さんただお一人となってしまいました。
夏場は50℃にもなるという工場のお話や家族で作っていたセルロイド人形についての貴重なお話が聞けるほか、もちろん色付けをした可愛らしいセルロイド人形はお家へもって帰っていただけます!

今年は大田区の「夏休み 博物館・記念館回遊ラリー」に参加するため、スタンプラリーに参加する小中学生は、なんとこの日は入館料無料となります!(8/25()まで
またこの日のみ、企画展図録『楽しき哀しき昭和の子ども』1500円が1200円に割引となります。
企画展をまだご覧になっていない方は、ぜひこの機会に。

DSC01275.JPG

DSC01241.JPG

DSC01322.jpg

DSC01349.JPG

DSC01340.JPG

DSC01317.jpg

セルロイドワーク.jpg

夏休みの自由研究におススメですが、実は以前デパートでのワークショップにご一緒していただいた時は、お子さんからご年配の方まで、そして男女問わず皆さん夢中となりました。
プラスチックとは違う温かみのあるセルロイドと、温かい平井さんのお人柄や熱意に触れて、昭和の子どもの遊びとくらしを感じて下さい。(こ)


■企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」展関連イベント 「セルロイド人形色付け体験」

■日時:728() @11:00〜 A13:00〜 B14:00〜 C15:00〜 D16:00
    *1回約10名前後/所要時間約30分前後
■場所:昭和のくらし博物館 談話室

■費用:1500円 (+入館料)
   (大田区のスタンプラリーに参加する小中学生は8/25()まで入館料300円が無料となります/大人は500円)
■内容:現在日本で唯一セルロイドの人形を作り続けておられる職人の平井英一さん
    によるセルロイドについてのトークと人形(ウサギやネコなど)の色付け
■申込:できるだけ事前にご予約下さい。
    当日はお席に空きがあればご参加可能です。
    絵の具を使います。汚れても良い服装でご参加下さい。


image026.jpg

  

posted by showanokurashi-blog at 16:22| Comment(0) | 講座

2019年06月30日

「すずさんのおうち展」またやります!

DSC_1250.JPG

蒸し暑い雨の土曜日。
こんな日はどなたもいらっしゃらないかなぁ…と思っていたら、なんと、呉市から大和ミュージアムの学芸員さんが来て下さいました!
大和ミュージアムは、戦艦大和をテーマにした海事歴史科学館で、この5月の連休には来館者が1日で1万人あった人気の博物館です(我が社の10倍(笑))。

以前お会いしたので懐かしくお話ししていたら、お土産に呉の爽やかブルーのラムネ飴をいただきました。
しゅわしゅわしておいしい〜。
ちょうどいらっしゃった来館者のカップルさんにおすそ分けしたところ、「ぼく呉で生まれたんです」とのこと。
「すずさんのおうち展」のことはご存知なく、のんびり昔の建物を見に来てくださったそうですが、その奇遇にびっくりでした。


DSC_1252 記念日 (3).jpg

カレンダーの前でお話しされていたので、慌ててめくり忘れていたカレンダーをめくったら、ちょうどその日が結婚記念日だったそうで、記念にもらっていただきました。


そんな中、お母様が呉出身という方も来館され…。

来館者の3分の1は呉関係者という、マジックな雨の一日となりました。

11月からまた『映画「この世界の片隅に」〜すずさんのおうち展』やります。
さらなるマジックが生まれることを願って!
(こ)

あじさい.jpg
posted by showanokurashi-blog at 10:00| Comment(0) | お知らせ

2019年05月23日

ドクダミ茶づくりやります。

ドクダミ2.JPG

初夏になって、雨が降って、白い花が咲くとそろそろ…今年もドクダミ茶づくりやります!

明日5月24日(金)10:30〜13:00頃まで。
友の会の会員さんにはおたよりでお知らせしましたが、どなたでもご参加できます。
今年は講座ではなく、気軽な体験会としましたので、参加費無料です。
でもお茶づくりを手伝って下さった方は、昨年のお茶をお持ち帰りできます。
館の都合で平日で申し訳ないのですが、参加を希望される方は館までぜひご一報下さいませ。

てぬぐい.JPG

スミレ、ハコベラ、スギナ…。
食べられる野草、薬になる野草ってたくさんあるのですね。
すずさんはタンポポの根を和えものにしていましたが、ドクダミの根はキンピラにして食べられるそうです。
(まだコワくて作ったことないのですが!)
明日はドクダミの他に、柿の葉、スギナ、ビワの葉などでもお茶を作ります。

ドクダミ1.JPG

ドクダミ3.JPG

準備でドクダミをどっさり摘んでいると、「母がよく作ってたなぁ」など、通りがかる方が声をかけてくれます。
本当に昔はだれでもやっていたのですね。
ドクダミ茶づくりを教えて下さったお向かいの畑のおばあちゃんは「毎年どっさり作って飲んでいるから夏バテ知らずよ」
と笑っておられました。
実際作ってみたい方はぜひ。
(こ)

Inkedドクダミ4_LI.jpg
「あー、しごとのあとのいっぱいはうまい。」


posted by showanokurashi-blog at 16:39| Comment(0) | イベント報告